GrammarPrPython

【Python】ループ処理で役立つzip関数の使い方

Pythonには複数の反復可能オブジェクト(リスト・タプル・辞書など)をまとめて処理できるzip関数があります。本記事ではzip関数の使い方と注意点について解説をします。

スポンサーリンク

zip関数の使い方

ループ処理で使えるテクニックの1つにzip関数があります。zip関数は反復可能オブジェクトの各要素をひと組にすることができます。

複数の要素を持つものを分解して各変数に代入することをアンパックと言います。

【Python】アンパックを使って要素を取り出す(リスト・タプル・辞書)

dict()関数と組み合わせる

zip()関数とdict()関数を組み合わせると辞書を作成することができます。

enumerate()関数と組み合わせる

zip()関数とenumerate()関数を組み合わせるときは括弧をつける必要があるので注意。

【Python】enumerate関数の使い方

スポンサーリンク

zip関数の注意点

zip関数は各要素をひと組にできますが、要素の数が合わない場合、多い分は無視されます。

python3.10の変更点

python3.10よりstrict引数が追加されました。strict=Trueにすると、引数の要素数が異なる場合、ValueErrorが発生します。

スポンサーリンク

まとめ

zip関数はループ処理で使うと非常に便利です。使い方をきちんと押さえておきましょう。

PC・タブレットで学習したい方はAmazonのKindle Unlimitedを利用するのがオススメ!!

\まずは無料で30日間お試し!!(無料期間中に解約可)/

勉強方法にお困りの方はこちらの記事もご参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました