GrammarPrPython

【Python】enumerate関数の使い方

Pythonにはループ処理で役立つ関数がいくつかありますが、本記事ではそのうちの1つであるenumerate関数について解説をします。


Pythonには
実力を証明できる資格があります

PythonにはPython3エンジニア認定基礎試験という試験があります。

試験範囲がPythonチュートリアル(公式ドキュメント)となっているため、Pythonの基礎を全て押さえることができます。

  • 独学で勉強していて、どれくらい理解できているのか調べたい
  • 今の仕事も続けつつ、キャリアの幅を広げたい
  • 新しい技術としてPythonを習得したい

そんな方は是非詳細をご確認ください。

enumerate関数とは

enumerate関数は主にfor文で使用する組み込み関数です。

基本構造

enumerate関数の基本構造は以下のようになります。

構文

enumerate(iterablestart=0)

startの値を指定することで0以外の数字から始めることができます。(後述)

enumerate関数の使い方

enumerate関数は、要素のインデックスと要素を同時に取り出すことができます。

インデックスを0以外から始める

引数に任意のインデックス開始数値を指定することができます。

zip()関数と組み合わせる

zip()関数と組み合わせるときは括弧をつける必要があるので注意。

まとめ

enumerate関数はインデックスと要素を簡単に取得できる便利な関数です。使い方をきちんと押さえておきましょう。

関連記事
【Python】range関数の使い方を解説
【入門者向け】効率よくPythonを習得する3Step

コメント

タイトルとURLをコピーしました