GrammarPrPython

【Python】Unicode値を文字列に変換するchr関数を解説

PythonにはUnicode値を文字列に変化するchr関数があります。本記事ではそんなchr関数の使い方と特徴を解説します。


Pythonには
実力を証明できる資格があります

PythonにはPython3エンジニア認定基礎試験という試験があります。

試験範囲がPythonチュートリアル(公式ドキュメント)となっているため、Pythonの基礎を全て押さえることができます。

  • 独学で勉強していて、どれくらい理解できているのか調べたい
  • 今の仕事も続けつつ、キャリアの幅を広げたい
  • 新しい技術としてPythonを習得したい

そんな方は是非詳細をご確認ください。

chr関数の使い方

Unicodeコードポイントが整数iである文字を表す文字列を返します。

組み込み関数 chr() ー Python公式ドキュメント

構文

chr(i)

有効範囲は0から1,114,111

引数の有効な範囲は0から1,114,111(16進数で0x10FFFF)です。iが範囲外の場合ValueErrorが送出されます。

まとめ

chr関数について解説しました。使用頻度はそこまで多くありませんが、概要は押さえておきましょう。

関連記事
【Python】Unicode値を取得するord関数を解説
【Python】識別値を取得できるid関数について解説
【Python】dir関数の使い方を解説
【入門者向け】効率よくPythonを習得する3Step

コメント

タイトルとURLをコピーしました