GrammarPrPython

【Python】dir関数の使い方を解説

Pythonの組み込み関数dir()は、オブジェクトの有効な属性やローカルスコープで定義されている名前を確認することができます。本記事ではその確認方法について解説をします。


Pythonには
実力を証明できる資格があります

PythonにはPython3エンジニア認定基礎試験という試験があります。

試験範囲がPythonチュートリアル(公式ドキュメント)となっているため、Pythonの基礎を全て押さえることができます。

  • 独学で勉強していて、どれくらい理解できているのか調べたい
  • 今の仕事も続けつつ、キャリアの幅を広げたい
  • 新しい技術としてPythonを習得したい

そんな方は是非詳細をご確認ください。

dir関数でできること

dir関数でできることを確認します。

組み込み関数 dir() — Python公式ドキュメント

モジュールが定義している名前を確認するのに使う

引数にモジュールを指定すると、そのモジュールが定義している名前を確認することができます。

文字列のリストでソートされています

現在のローカルスコープで定義されている名前を確認するのに使う

引数無しの場合は、現在のローカルスコープで定義されている名前を確認することができます。

組み込みの関数名や変数名はリストアップしないので注意。
builtinsモジュールで定義されています。

まとめ

dir関数は内容確認に便利な関数です。使用頻度はそこまで多くありませんが、概要は押さえておきましょう。

関連記事
【Python】予約語の確認方法について(keywordモジュール)
【Python】sysモジュールについて解説(argv・path・exitなど)
【入門者向け】効率よくPythonを習得する3Step

コメント

タイトルとURLをコピーしました