GrammarPrPython

【Python】raw文字列の使い方(エスケープシーケンスを無効化)

Pythonにはエスケープシーケンスを処理をしないraw文字列があります。 本記事では、raw文字列の使い方と注意点について解説をします。


Pythonには
実力を証明できる資格があります

PythonにはPython3エンジニア認定基礎試験という試験があります。

試験範囲がPythonチュートリアル(公式ドキュメント)となっているため、Pythonの基礎を全て押さえることができます。

  • 独学で勉強していて、どれくらい理解できているのか調べたい
  • 今の仕事も続けつつ、キャリアの幅を広げたい
  • 新しい技術としてPythonを習得したい

そんな方は是非詳細をご確認ください。

エスケープシーケンスとは

エスケープシーケンスとは、\(バックスラッシュ)と特定の文字を組み合わせることで、特殊な機能を持たせる記述方法になります。

Pythonで認識されるエスケープシーケンスは以下の通りです。

エスケープシーケンス意味
\<newline>バックスラッシュと改行文字が無視されます
\\バックスラッシュ (\)
\'一重引用符 (')
\"二重引用符 (")
\aASCII 端末ベル (BEL)
\bASCII バックスペース (BS)
\fASCII フォームフィード (FF)
\nASCII 行送り (LF)
\rASCII 復帰 (CR)
\tASCII 水平タブ (TAB)
\vASCII 垂直タブ (VT)
\ooo8 進数値 ooo を持つ文字
\xhh16 進数値 hh を持つ文字
引用:https://docs.python.org/ja/3/reference/lexical_analysis.html#escape-sequences

raw文字列の使い方

文字列の先頭にまたはをつけることでエスケープシーケンスを無効化することができます。

ファイルパスで使うと便利

raw文字列を使うと便利なのがファイルパスを指定するときです。
ファイルパスにエスケープシーケンスが含まれている場合に使用します。

ちなみに\\でも可能です。

raw文字列はファイルパスをそのまま使えるので便利ですね。

\で終わるとエラーになる

raw文字列はファイルパスをそのまま使えるので便利ですが、末尾が奇数個のバックスラッシュで終わるとエラーになるので注意してください。

EOL(End Of Line): 行末を表すコード

終わりの対になっていないバックスラッシュが、閉じ引用文字をエスケープしてしまいます。

まとめ

raw文字列は特にファイルパスで使うと便利です。注意点をきちんと理解して、上手く使いこなしていきましょう。

関連記事
【Python】フォーマット済み文字列リテラル(f-string)の使い方
【Python】文字列を揃える方法を解説(右寄せ・中央寄せ・左寄せ)
【入門者向け】効率よくPythonを習得する3Step

コメント

タイトルとURLをコピーしました