GrammarPrPython

【Python】位置専用引数とキーワード専用引数の使い方

Pythonには位置専用引数とキーワード専用引数という特殊引数が存在します。本記事では2つの引数の使い方と注意点を解説します。


Pythonには
実力を証明できる資格があります

PythonにはPython3エンジニア認定基礎試験という試験があります。

試験範囲がPythonチュートリアル(公式ドキュメント)となっているため、Pythonの基礎を全て押さえることができます。

  • 独学で勉強していて、どれくらい理解できているのか調べたい
  • 今の仕事も続けつつ、キャリアの幅を広げたい
  • 新しい技術としてPythonを習得したい

そんな方は是非詳細をご確認ください。

位置専用引数

位置専用引数は/より前に置かれます。

位置引数と任意個数のキーワード引数の衝突を防げる

位置専用引数を活用することで、位置引数と任意個数のキーワード引数の衝突を防げます。

キーワード専用引数

キーワード専用引数は*より後ろに置かれます。

併用することも可能

位置専用引数とキーワード専用引数は併用することも可能です。

自分で使わなくてもドキュメントに出てくるので注意

自身が使わないとしてもドキュメントに出てくる場合があります。概要は押さえて、読めるようにしておきましょう。

引用:https://docs.python.org/ja/3/library/functions.html

まとめ

位置専用引数とキーワード専用引数は可読性をあげるのに有用です。必要に応じて使えるようにしましょう。

関連記事
【Python】関数アノテーションの使い方
【Pythonの可変長引数】*args、**kwargsの違いと使い方を徹底解説!
【入門者向け】効率よくPythonを習得する3Step

コメント

タイトルとURLをコピーしました